ホンダ CR−Z 年内生産中止で販売終了へ

ホンダのハイブリッドスポーツ「CR−Z」が、年内で生産中止になるようですね。
 
最終モデルとなる「HONDA CR-Z α Final label」を投入して、受注分の生産を終えたところで販売終了へといったスケジュールなのでしょうか。
 
 
これで手に入らなくなると思うと、今のうちに購入しようと動く人も出てくるとは思いますが、限定的なのでしょうね。
 
 
 
かつて、CR-Xに憧れたものとしては、往年の雄姿を彷彿とさせるスタイリングには、かなり心を惹かれたのですが、2+2とはいえ事実上2人乗りのわりに車両価格が高額では、実際に購入に動く人は限られるのでしょう。
 
 
 
ハイブリッドにしてバッテリーとモーターを積めば、どうしたって価格が高額になるし車重も重くなるので、重くても燃費が良いと言われてもスポーツといいながら重量増で運動性能を犠牲にするのは自己矛盾をはらんでいる気がします。
 
 
ハイブリッドよりむしろ、高回転型のVTECのようなエンジンと小排気量ターボエンジンの特性をハイブリッドしたエンジンがあれば、そちらの方が、よほど魅力的だと思うのですがどうでしょうか(^_^;)
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です