長良川鵜飼い 2019シーズン開幕

長良川鵜飼いの令和初となる2019年シーズンが5月11日ついに開幕しましたね!
花火が打ち上げられていたので、今日は何かあったかなと思いながら偶然ながら橋を渡っていたら鵜飼い船を見て納得。
毎年思いますが、ゴールデンウィークが終わってから始まるのは、観光客数の入り的にはマイナスの気がするのですが、これも伝統なのでしょうね。
長良川鵜飼いの鵜匠さんは、宮内庁の式部職なので、最初に捕れた鮎は天皇陛下に献上されるのですよね。
1300年以上続く歴史の重みを感じます。
近くに住んでいるとある意味当たり前の風景になっているところはあるのですが、川べりに座ってじっくり眺めると、実に幽玄な伝統漁の景色ですね。
まだ見たことのない人はぜひ一度どうぞ(^_^)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です