ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4%(NIKE ZOOM VAPORFLY 4%)

ナイキのマラソン用ランニングシューズ「ズーム ヴェイパーフライ 4%(NIKE ZOOM VAPORFLY 4%)」の人気が相変わらずで、入手困難ですね。
ナイキ ズームヴェイパーフライは、最近の厚底マラソンシューズブームのきっかけとなったといっても過言ではないモデル。
売りは、ナイキの技術の粋を集めて生み出されたナイキ史上最速のマラソンシューズで、「4%」の数字は、ランニング効率を平均4%高めるという意味からとのこと。
従来からエアシステムの厚底シューズはありましたが、クッション性は良いものの安定感に欠ける印象で、個人的感想としては、ゆっくり走る練習向きには良いけど、スピードを上げると特に足首に変な負担がかかってしまうので、レースの本番では使うことはなかったですね。
といっても自分が使用していたのはずいぶん古いモデルなので、時代とともに技術も進歩したようで、クッションと反発でエネルギー効率が高まって、東京マラソンで日本記録を塗り替えた選手が履いていたということで話題になって、衝撃を受けた人は少なくないはず。
トップ選手には、シューズに素足に近い感覚を好む選手も多く、脚力がついてくればむしろ靴底は薄い方が良いというか、そのために練習をして本番は薄底シューズで望むのが普通だったので、薄底派には厚底シューズは受け入れがたい人も多いのかと。
足への負担を考えれば、クッションはしっかりしているに越したことはないので、自分としても気になってはいるのですが、いかんせん入手困難ですね。
ネットでようやく見つけたと思ったら、サイズがないなんてことは日常茶飯事で、早く手に入れてみたいのですけど(^_^;)
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です