Windows7 メインストリームサポート終了

マイクロソフトのOS「Windows7」のメインストリームサポートが、今日1/14についに終了しましたね。
メインストリームサポートは、製品発売から最低5年間の基本サポート期間とのことで、無償サポート、仕様変更などがマイクロソフトより受けられなくなるそうですが、家庭で使用してる分には正直それほど支障はないかも。
今後は延長サポートが2020年1月14日まで提供されるようなので、その間に次のOSを見越しながら買い換えを検討ですかね。
とはいえ職場のOSはWindows7だし、Windows8というよりは、次のWindows10をにらんだ動きになりそうですが、何年かに一度これでは正直、辟易とした気分にもなりますね(^_^;)
家庭で使う分には、AppleのMacもありかなと、少々食指が動き始めてます。
iPhoneとの連携も良さそうですし(^_^)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です